ブログ

ナマハ、ナマスカーラの意味 Datta Stavaの唱え方②

カテゴリー :

 ナマハNamaḥという言葉の重要性とグルを礼拝する方法。

「ナマハNamaḥ」という言葉は、「あなたは私の保護者(救い主)です。 私はあなたの僕です」という意味です。 そのような思い(バーヴァナ)でその主に、喜びと愛情を込めて、そして謙虚に全託する必要があります。

 この意味が本当に理解されたら、恥ずかしく思うことなく、すぐに床に伏して、心をこめて平伏(シャスターンガ・ナマスカール)を捧げる必要があります。他人に気づかれるかどうか心配するべきではありません。近くにいる人の存在を忘れ、この創造において「神と私」だけが存在すると信じる必要があります。「私はジーヴァートマです。彼はパラマートマンです。私たちだけが存在する」と心の中に強烈なバーヴァナ(思い)を持つ必要があります。

 平伏する時は、親戚や友人、家族も忘れるべきだと言われています。帰依者は、「この場所ではグルと私だけが座っている」と考える必要があります。また、他の人の前で平伏することで自分の力や威厳を失っていると恥ずかしく思ってはいけません。これを象徴するために古代の王は、自分の王冠を外して馬/戦車から降りて、平伏するために偉大なグルに近づきました。

「ナマハ Namaḥ」は「二つは存在しない。一つだけが存在する。マーヤは存在しない。この世界は幻想(マーヤ)に他ならない」ということを意味します。この意味が深く刻まれると、「このジーヴァートマ、つまり私と、あなたであるパラマートマは同じである」というバーヴァナ(思い)を持つことになります。そのような思いで、非二元性(エーカットヴァムekatvam、アドヴァイタムadvaitam)を実践する必要があります。この至高のタットヴァtattvamは、捧げるナマスカール(お辞儀、挨拶)に込められています。

 体の八か所を地面につけて、男性はシャスターンガ・ナマスカーラを捧げる必要があります。背骨と頭は一直線になっている必要があります。両手を頭の上に上げ、手のひらを合わせます。胸は地面に触れる必要があります。女性は少し違う方法でシャスターンガ・ナマスカーラを捧げる必要があります。男性のナマスカーラのスタイルをする女性は非礼と見なされます。一般的な慣習として男性も、女性が捧げるナマスカーラをするべきではありません。緊急時には、男性は女性がする方法でナマスカーラを捧げることができます。
 
 頭/ハートに1つの蓮があります。手のひらを合わせ、頭上に上げることは、別の蓮を象徴しています。それは「蓮の上の蓮」のようなものです。そのようなナマスカーラには象徴的なメッセージが含まれています。「おお主よ、私のハートをあなたのハートに溶け込ませます。このように私はあなたに溶け込みます」。

 左の手のひらは個人の存在(ジーヴァートマ)を表しています。右の手のひらはパラマートマを象徴しています。この二つの手のひらを合わせてハートの位置に保ち、ジーヴァートマとパラマートマの分離が無くなり、至高の存在(ケーヴァラートマ)だけが残ることを意味します。「私は存在しません。あなただけが存在します」

 サッドグルを見て、ここで詳しく説明する3つの方法のいずれかでナマスカーラを捧げる必要があります。
1)手のひらを合わせ、胸の位置に保つ
2)合わせた手のひらを頭の上に上げる形
3)合わせた手のひらを頭上に上げて、シャスターンガ・ナマスカーラ(平伏してナマスカーラを捧げる)

 他の形のナマスカーラは容認されません。片手でナマスカーラをしたり、軍隊のスタイルで片手で敬礼したりしないでください。彼らは敬意を表していますが、完全なナマスカーラとして容認されません。

 ナマスカーラを捧げるこのプロセスでは、人の最も奥の思い(バーヴァナ)が非常に重要な役割を果たします。ナマスカーラを捧げるときは、あなたは彼に溶け込んでいると信じてください。「ジーヴァートマとパラマートマは一つであり同じである」という純粋な思いを持ってください。パラマートマはサッドグルとして私の前に座っています。私は個人の魂(ジーヴァートマ)です。私たち二人を除けば、この創造には何も存在しません。私は彼に溶け込んでいます。今は至高のアートマだけが存在しています」。それはケーヴァラートマです。「ナマハ」という言葉は、この至高の本質を包含しています。これが「ナマハ」という言葉の究極の意味です。

 ナマスカーラを捧げる様々な方法の中から、ハートに深く触れるものを選んでください。3つの中から誰でも自由に選ぶことができます。この意味に含まれる本質を守り、いつも熟考してください。ナマスカーラを捧げる度に心の中で唱えます。

シュリ・ガネーシャーヤ・ナマハ ŚriGaneśāya namaḥ
シュリ・サラスワッティェイ・ナマハ Śri Saraswatye namaḥ
シュリ・パーダヴァッラバ ナラシンハ・サラスワティ Śri Pādavallabha Nrusimha Saraswati
シュリ・グル・ダッタートレーヤーヤ・ナマハ Śri Guru Dattatreyayanamaḥ

 唱える際はこの祈りの本質でハートを満たしてください。

dattapeetham_d81f6845576a99bd2f4f1038e630c6c3
        シャスターンガ・ナマスカーラ(男性のみ)

PAGE TOP