ブログ

シュリーマド・バーガヴァタム 第125話

カテゴリー :

デーヴァタたちはブラフマーに祈りました。

Yasya vācā prajāḥ sarvā gāvas tantyeva yantritāḥ
Haranti balim āyattās tasmai mukhyāya te namaḥ

「主よ!雄牛の鼻に結び付けられた手綱がその牛を繋ぎとめて操るように、ヴェーダとして呼ばれるあなたの言葉は、生類を正義の規則に結び付け、それによって彼らを操ります。あなたが支配する生類は、帰依と献身をもってあなたを崇拝します。彼らは敬意をもってあなたに仕えます。あなたは、すべての生類の中で呼吸と呼ばれる最も重要な生命の力の姿で存在しています。そのような主に、私たちは従順を捧げます。

至高の人格者よ!すべての生類の幸福を保証してください。暗闇が宇宙を包むにつれ彼らの活動はすべて停止しました。この結果、私たちも困難に陥っています。慈悲の流れを私たちに向けてください。

主よ!聖仙カシュヤパはディティの胎内で彼の輝きを保持しています。彼の輝きのため、子宮内の胎児は干し草の中で燻る火種のごとく成長しています。その子は、すべての方角を輝きのないものにしてしまいました」

聖仙マイトレーヤは、言いました。

「ヴィドゥラよ、ブラフマーは、ヴェーダの音を通してのみ知ることができる自己創造の姿をしています。デーヴァタの祈りを聴いたブラフマーは微笑んで、彼の心地よい言葉で彼らを満足させようとしました。

「デーヴァタたちよ!サナカと他のクマラはあなたよりも早く生まれました。彼らがこの創造において求めるものは何もありません。空(アーカーシャ))を介して、彼らはさまざまな存在の次元を行き来します。

Ta ekadā bhagavato vaikuṇṭa-syāmalātmanaḥ
Yayur vaikuṇṭa-nilayaṁ sarva-loka-namaskṛtam

純粋な光の姿として、シュリハリは、純粋さと善良さ(サットヴァ・グナ)の特質に満ちた生類の知性と呼ばれる洞窟に留まっています。主シュリハリはヴァイクンタに住んでいます。このため、すべての異なる次元の住民はこのヴァイクンタ・ローカに敬意を表します。

宇宙を旅していたサナカと他のマハリシは、主シュリハリに会うことを望み、ヴァイクンタに到着しました。ヴァイクンタに住んでいるすべての存在は、外観がシュリハリに似ています。どんな姿の欲望からも解放され、彼らはそれが彼らのダルマであると考えて永遠にシュリハリを崇拝します。

至高の主シュリハリは完全無欠の姿です。彼はすべての原因の起源です。彼はヴェーダを介して人々に知られ、正義の具現像です。そのような主は彼の乗り船(身体)として純粋さと善良さ(サットヴァ・グナ)の特徴を引き継ぎ、ヴァイクンタに住んでいます。彼は彼らの帰依者である私たちに幸せと慰めを授けます。

ヴァイクンタには、ナイシュレーヤサムという名の至高の庭があります。この庭は見事に輝き、四季折々の果実が実り、花が咲き乱れる木々にあふれています。願いを叶える木カルパヴリクシャもたくさんあり、この庭はまるで解脱を象徴しているかのようです。つまり、解放(モクシャ)がこの庭の姿として現れたように思われます。

この庭の中には神聖な池があります。この池の中には、ハチミツを浴びる非常に繊細で美しいマダヴィの蓮があります。それらの甘い香りは、マインドの集中力や瞑想状態を乱します。それらがマインドを引き付けているのです。それにもかかわらず、ガンダルヴァ(天人)は、配偶者と一緒に飛行体で徘徊し、これらの香りに気を取られることなく、シュリハリに専念し、彼の栄光を表現します。彼らは自分たちを酔わせる香りを運ぶ風を遮ることができます。彼らは自分たちの主シュリハリの行為を賛美することに時間を費やしています。この至高の主の物語は、生類の罪を消滅させます。

カッコウ、ハト、ツル、ヒバリ、オウム、ハクチョウ、ヤマウズラ、クジャクなどの鳥は、その庭で騒々しく鳴きます。それでも、ミツバチが主の栄光を歌っているように大声で口ずさみ始めると、すべての鳥の鳴き声が止むので、一時の静寂が訪れます。

トゥルシー(ホーリーバジル)の葉は、主シュリハリにとって非常に大切なので、首をトゥルシーの花輪で飾り、その香りを賞賛します。この理由で、その庭の他の顕花植物、すなわち、ハイビスカス、ジャスミン、メーヘンデ、スイレン、アルナの花、スラポナ、ナーガケーサリ、ポガダ、ハス、パーリジャタなどは、トゥルシーによってなされる苦行を称賛します。結局のところ、母なるトゥルシーはその主の恵みを得るために厳しい苦行を行いました。したがって、彼らは彼女の偉大さを称賛します。これらの顕花植物は、主に届こうと試みて、その香りをトゥルシーに向けます。

ヴァイクンタには、キャッツアイ(猫目石)、エメラルド、および金で作られた無数の飛行体が存在し、至高の帰依者が座っています。しかし、これらの飛行体は彼の蓮華座で無心に避難場所を求めている人だけに見えます。シュリハリは、これらの飛行体で旅する至高の帰依者の心に永遠に自分自身を定めます。このため、魅力的な外見、笑い、冗談、笑顔、あるいは美しい乙女の諸行動は、これらの帰依者のマインドを引き付けることができません。彼らはラジャ・グナ(行動/情熱の特性)から発する欲望や他の欲求とは接触しません。

主シュリハリの住居は金で作られており、水晶(クリスタル)の壁があります。幸運の女神ラクシュミ・デーヴィは、彼女の気まぐれな性分を諦め、この素晴らしい邸宅にずっと住んでいます。彼女が夫のシュリハリの大邸宅を歩きながら、蓮を手にとって遊んでいると、貴重な石でできているアンクレットのジングル(チリンチリンという音)が聞こえてきます。蓮を手に持って歩く女神ラクシュミの陰影がこれらの水晶の壁に落ちると、まるで彼女が蓮で床を掃いているかのように見えます。

この世界では、誰もが女神ラクシュミの恵みを得るよう努めています。しかし、女神ラクシュミーは彼女の付き添い人と一緒に彼女の庭に座って、主シュリハリをトゥルシーの葉で崇拝します。

その庭には、水の代わりに蜜をたたえる井戸があります。これらの井戸の壁はルビーでできています。女神ラクシュミーが鼻と長い三つ編みの美しい顔の映るその水面を見ると、深い青色の顔をした主が彼女の顔にキスをしたので、彼女はより美しくなりました。これには彼女は恥ずかしがりました。

デーヴァタたちよ!愚かな人間が、罪を滅ぼすことができる主シュリハリのこれらの神々しい超越的な物語を聴かないことは本当に残念です。代わりに、価値のない無駄な話題、本質を欠き、マインドを台無しにする役に立たない友情に時間を費やしています。彼らはそのような役に立たない問題に強い関心を持っています。そのような存在はヴァイクンタに到達することはできません。悪い連想は彼らを無知と地獄に追いやります。それらの次元では、彼らに救いはないでしょう。

人間の誕生とは、ダルマを実践する機会と至高の知識を得る機会を与えられているという意味でも非常に重要です。このため、私を含むすべての天人は人間の誕生を求めています。それでも、人間の誕生を得た後でも、シュリハリを理解したり崇拝したりしない人々は、自分の幻想の罠に陥ります。デーヴァタは、神の栄光をたっぷりと歌うことができるように、人間の誕生を求めています」

ヴィシュナヴェー・ナマハ

PAGE TOP