ブログ

シュリーマド・バーガヴァタム 第137話

カテゴリー :

ヴァースデーヴァーヤ・ナマハ

聖仙マイトレーヤがヴィドゥラにブラフマーの創造過程に関する話を続けています。

「キンナラとキンプルシャは、海中に映る主ブラフマーの反射(陰影)を受け入れました。早朝に、彼らが夫婦で音楽の演奏を通して主ブラフマーを称賛するのはこのためです。
創造の動きは、すぐにはみられませんでした。ブラフマーはこれについて深く考え、脚を伸ばして眠りにつきました。このように熟考に深く入り込んでしまった彼は激怒し、突然その身体を放棄しました。その身体の毛が抜け落ち、ヘビが生まれました。伸ばした手足から、鎌首を高く持ち上げる凶暴な毒蛇が生まれました。

今、自己創造された主ブラフマーは、創造がこれまでのところ順調に進んでいることを観察しました。彼は自分の目的を達成したと感じました。そして今、最後の段階として、彼は自らのマインドから、創造をさらに進め維持するマヌを創造しました。

聡明な主ブラフマーは、マヌに人間の姿をした身体を与えました。それまでにすでに創造されていたデーヴァタや他の天人たちは、マヌの創造に非常に満足していました。彼らは彼をとても賞賛しました。

Aho etaj jagat-sraṣṭaḥ sukṛtaṁ bata te kṛtam
Pratiṣṭhitāḥ kriyā yasmin sākam annam adāma he

「主ブラフマーよ!宇宙の創造者よ!あなたのこの創造は素晴らしいです!ヤグニャと他の規定された活動は、この人間の姿に避難場所を設けます。それらを通して、私たちはヤグニャの供物の分け前をいただくでしょう」

Tapasā vidyayā yukto yogena susamādhinā
ṛṣīn ṛṣir hṛṣīkeśaḥ sasarjābhimatāḥ prajāḥ

その後、感覚の支配者であり、この創造物の最初のリシである主ブラフマーは、彼のお気に入りの子どもたち、すなわち、苦行(タパス)、知識(ジニャーナ)、礼拝(ウパーサナ)およびヨーガたちに、絶対的にマインドを定める能力のある聖仙(聖仙)たちを創造しました。

その身体の中でブラフマーは、サマーディ・ヨーガ、アニマ、その他の超自然的な力、苦行、礼拝、慈悲、知識で満たされました。彼はその身体のすべての四肢を聖仙たちに渡しました」

これで、第三編第二十章を終わります。

第三編第二十一章

この章では、主から聖仙カルダマに与えられた恩恵について詳しく説明します。

ヴィドゥラは尋ねました。「聖仙マイトレーヤよ!尊ぶべきお方よ!スヴァヤムブヴァ・マヌの血統は、男女の結合によって拡大しました。すべての聖仙でさえも深く尊敬しているその血統について説明してください。

彼の息子のウッターナパーダとプリヤヴラタは、七つの大陸からなるこの地球を正当に(正義を持って)支配していました。あなたは以前、娘のデーヴァフーティが造物主(プラジャーパティ)カルダマの妻であると言っていました。カルダマ・プラジャパティは最高のヨーギです。彼の妻デーヴァフーティは、ヤマ(訓戒)の実践やその訓練においてすぐれた熟練者です。この敬虔な夫婦は何人の子どもを生みましたか?これを知りたいです。さらに、造物主ルチと造物主ダクシャも、マヌの他の娘と結婚しました。彼らも創造を促進しました。この創造のプロセスを説明してください」

聖仙マイトレーヤは答えました。

「ブラフマーはカルダマに創造を促進するための協力を命じました。由緒あるカルダマは、彼の父ブラフマーの命を果たすために、サラスワティー川の河畔で10,000年間瞑想しました。

蓮の目をした主は、カルダマの苦行に非常に喜んでいました。ヴェーダによって称賛されるサッチダーナンダの姿(超越的な姿)を想定すると、主はクリタ・ユガ(時代)として彼の前に現れました。シュリハリは純粋な太陽のように明るく輝いていました。彼は白い蓮の花輪を首にかけていました。彼の蓮の顔は、太くて黒い黒髪、きらめく王冠、金色のイヤリングに照らされていました。彼は清楚な服を着ました。

彼は四つの手で、法螺貝、円盤、白蓮、槌矛を見栄えよく握っていました。彼の視線と彼の魅力的な笑顔は心に喜びをもたらしました。主は宇宙にいました。彼は彼の蓮華の御足を彼の乗り物であるガルーダの肩の上に置いていました。カウストゥバの宝石が彼の首に輝いていました。女神ラクシュミーは胸元で輝いていました。このようにして、主はカルダマに「彼」の美しい姿により祝福を受けました。

造物主カルダマは、彼の望みが満たされたことに非常に満足していました。愛情の深い性分の彼は地面に跪き、主にひれ伏しました。彼の心は献身にあふれていました。彼はそれから彼の手を合わせて祈りました。

「おお、名声の主よ!シュリハリよ!あなたは純粋さと善良さの完全な特性(サットヴァ・グナ)の避難場所です。あなたのこの美しい姿で、私の目は諸々の目的を果たしました。何度も繰り返される数多の出生による無数の功績により、知識が得られます。その確固たる知識をもって、彼らはあなたに会うことを求めて祈ります。

イーシュヴァラよ!あなたの御足は、世俗的な束縛と呼ばれる海を渡る船のようなものです。しかし、あなたの幻力に影響され錯覚を起こした人間は、ささいな欲望の実現を求めてあなたを崇拝します。その見返りに、あなたは彼らの欲望を満たすことによって彼らを祝福します。真実なのは、これらの感覚の喜びがこの世界だけでなく地獄でも有効であることです。

Tathā sa cāhaṁ parivoḍhu-kāmaḥ samāna-śīlāṁ gṛhamedha-dhenum
Upeyivān mūlam aśeṣa-mūlaṁ durāśayaḥ kāma-dughāṅghripasya

主よ! 私は不純なマインドも持っています。家住期(グリハスタ・アーシュラマ)にさしかかっています。結婚生活では、妻は願いを叶える牛のようです。したがって、私は自分の性分に相応しい性分の若い女性と結婚しようとしています。あなたはカルパヴリクシャ、すなわち願望成就の木であり、すべての帰依者の欲望を満たします。あなたの御足は、人生の四つの目的を達成するための根本です。私はそれらの聖なる御足にひれ伏します。

主よ! あなたはいつも純粋です!生類の保護者であるあなたは、ヴェーダとして知られる説教を人類に引き渡しました。この人間の次元は無数の欲望で満ち溢れ、行動と呼ばれるロープで縛られています。この世界で使われる手順を受け入れ、さまざまな儀式を通して私も時間の具現像であるあなたを崇拝します」

ヴァースデーヴァーヤ・ナマハ

PAGE TOP