ブログ

シュリーマド・バーガヴァタム 第143話

カテゴリー :

聖仙マイトレーヤがヴィドゥラに、聖仙カルダマの創造した飛行体について話しています。

「聖仙カルダマによって創造された千人の付添人たちは、彼らが空中邸宅内に座っている間、夫婦に奉仕していました。この邸宅内に座す聖仙カルダマは、満月のように輝いていました。満月は夜に輝く星の中にあり、夜のユリを咲かせます。彼には威厳が漂っていました。

この天空の飛行体に乗り、至高の苦行者たちに崇拝されている聖仙カルダマは、妻のデーヴァフティとともに、不思議なメール山の深い洞窟の中を長い間旅をしていました。富の神クベーラのように、彼は楽しみました。

その場所では、様々な吉兆な良い音を立てるガンジス河が天から流れ落ちます。欲望の神、マンマタの友人である風は、冷たい香りのそよ風を優しく吹きつけます。このため、八つの方角の主たちは、その場所を快く歩き回っています。

妻と一緒に、造物主カルダマは、ヴァイシュランバカ、スラサナ、ナンダナ、プシュパバドラカおよび、チャイトララトヤと呼ばれる天空の庭で楽しみました。彼はまた、マナサ・ロワール湖を訪れ、楽しみました。

眩しく輝く天空の飛行体は、彼の意志でどこへでも旅をしたものです。彼は大気圏内を旅しました。一般的に、人々は風に支配されています。強風が私たちを押し流し、押し飛ばします。これに反して、至高の聖人は自分にとって好ましいように風を操り、強風を横切っていきます。彼はまた飛行体で旅行していた多くのデーヴァタ(神々)を追い越し、先を急ぎました。

Kiṁ durāpādanaṁ teṣāṁ puṁsām uddāma-cetasām
Yair āśritas tīrtha-padaś caraṇo vyasanātyayaḥ

主の蓮華の御足に完全に平伏し、勇気を持って生きている人が達成できないことは何ですか?彼はすべてを達成できます。

聖仙カルダマは成就した至高の存在でした。彼はさまざまな次元へ行き、妻に宇宙の美しさを見せました。彼はそれから彼の(隠者の)住居に戻りました。心の速度よりも速く移動したのが、この飛行体です。彼らは何年も旅行したと感じていましたが、ほんの一瞬で彼らは帰ってきました。

主ナーラーヤナが16,000人のゴーピカのために16,000体に分身(化身)したように、偉大な聖カルダマ・プラジャーパティは今では9体に分身(化身)しています。これらの姿で、彼は妻のデーヴァフティと一緒に行為をしましたが、その間ずっと愛着がなく欲望もありませんでした。彼は彼女といることに満足していました。このように彼らは楽しんでいましたが、何年も長い期間が一瞬のように過ぎ去りました。彼は、彼の妻が彼の姿に相応しいように多くの姿をとる(化身する)ことを保証しました。

威厳漂う聖仙カルダマが優雅にベッドに座ったとき、デーヴァフティは喜びで頭が真っ白になり、時間の経過を実感できませんでした。時間の計算は次元ごとに異なります。彼は彼女と 100年の期間を過ごしました。

聖仙カルダマは熟達した存在でした。彼は真我実現を達成していました。彼はデーヴァフティが何を望んでいるか知っていました。彼は彼女を彼の体の半分であると考えました。彼女を通して、彼は魅力的で美しい9人の娘を生みました。その子どもたちには、赤い蓮の香りが漂っていました。

聖仙カルダマは、彼が以前に誓ったことをすぐさま思い出しました。彼は、子孫の誕生直後に家を出て、去ってしまうと誓いました。それがすべてです!彼は放棄の人生(サンニャーシ)を始める準備ができていました!

彼女の夫が家を出る準備ができていることに気づいて、デーヴァフティは不安になり、動揺しました。彼女は無限の悲しみで胸がいっぱいになり、目には涙が溢れました。そのような状況ですら、敬虔で貞潔な女性は、自分の顔から魅力的な笑顔が消え失せないように努めました。彼女は悲しみを抑え、涙をこらえながら笑顔を保ちました。

彼女は頭を下げ、床をじっと見ながら足で床を拭き、夫に優しく話しかけ、ためらいながら言いました。あなたは、結婚の時になさった約束を忠実に守ってきました。私は今あなたにひれ伏します。私を守ってください。あなたのこれらの娘に適した花婿を探してください。結婚させてあげてください」

プラドュムナーヤ・ナマハ

続く

PAGE TOP