ブログ

シュリーマド・バーガヴァタム 第11話

カテゴリー :

srimad2

トリグナ、すなわちサットヴァ(善良、純粋な性質)、ラジャス(情熱の性質)、タマス(不活発、無知の性質)が、主の幻影の力(マーヤ・シャクティ)であるということについて、私たちは討議してきました。それらは「彼」のグナ(性質、特徴)です。幻影の力を超越し、その上にあり、非二元的で、完成され、創造・維持・融合という目的のためにこれらの三つの性質を結合している至高の主は、ブラフマ―、ヴィシュヌ、ルドラへと変容します。それは「彼」がまとう象徴形態であると言うことができます。そのなかでも究極の公益、サットヴァ(善良、純粋)が人格化されたマハーヴィシュヌを通して、人類は究極の利益を得ることができます!

地の変容物である薪(たきぎ)から、煙が生じます。煙から、すべてのすべてのヴェーダの活動の根幹である火が生じます。地よりも薪の方が勝り、薪より煙の方が勝り、煙より火の方が勝ります。
私たちはここで四つの要素について話しています。地、薪、煙、火です。そして木は地から生まれたが地よりも優れ、煙は薪から生まれたが薪より優れ、火は煙より優れていると言いました。

同様にラジョグナ(情熱)はタモグナ(不活発、惰性、怠惰)より優れています。そして純粋な性質(サットヴァグナ)は、情熱より優れています。なぜそうなのでしょうか?それはサットヴァグナがパラブラフマーを照らすからです。サットヴァグナを通して、個人は絶対の真実を悟ります。つまりパラブラフマーのヴィジョンを得ます。

過去に偉大な聖者たちは完全な純粋性(シュッダ・サットヴァグナ)に庇護を求め、ヴィシュッダー・サットヴァ・スワルーパ(トリグナを超越し、その上のもの)であるマハーヴィシュヌに奉仕しました。
そのようにあがめられる聖者に奉仕し、また彼らの指示に従う人々は吉祥なるものを獲得します。

純性(サットヴァグナ)が優勢な人はウグラ・デーヴァタ(神、半神の残忍な形態)を崇拝し奉仕すべきではありません。サットヴァ的な人々は思考が純粋で潔白な人々です。そのような人は純性であるヴィシュヌを崇拝すべきです。主の残忍な形態を崇拝すると情熱(ラジャス)と不活性(タマス)を得るかもしれません。それは正しくありません。

あなたはあなたの行為に基づく性質を得ます。あなたが食べる食べ物を通して、その性質があなたに同化します。食べ物に関する行為がとても、とても、重要な役割を果たす理由はこれです。もしあなたがサットヴァ的な食べ物を食べれば、あなたは純粋な性質の人になります。ラジャス的、タマス的に構成された食べ物を食べる人は、情熱と不活性の性質のままです。純性を得ることができません。

純性と同化しようとする霊的志向者は、主の凶暴な面、たとえばバイラヴァ(主シヴァの凶暴な面を表現する神)の形態を崇拝すべきではありません。そのなかに欠点がなかったとしてもです。そのかわりに主マハーヴィシュヌや彼の様相(アムシャ)の平和的で吉祥の形態に焦点を当て、崇拝し、そしてそれらに奉仕すべきです。

私たちはすべての人が純粋な性質なわけではないと言いませんでしたか?食べるものの性格に基づいてその性質を得ると言いませんでしたか?私たちは、自分自身が食べたものになります。同様に私たちが平和的な傾向の神を崇拝するとき、その純粋で平安な性質を得るのです。

富、財産、力、子孫などの物質的快適さを求めるラジャス的でタマス的な性質(情熱的、不活性の性質)が顕著な人は、祖先、半神、プラジャーパティなどを、彼らの必要性や性質に応じて崇拝します。

情熱、不活性、無知に満たされた人は深くこの世に結びついています。彼らは欲望、怒り、強欲、その他の邪悪な情熱に夢中です。それらの邪悪の情熱に大いに重要性を与え、それが富と繁栄を家族にもたらすと信じています。そのような人々は家族の富を安全に守り、地位と権力を保つことが人生の本質だと信じます。ある程度は彼らは神を信じています。それだけです。しかし彼らがもっている崇拝の念はどのような種類のものでしょう?それは神との「取引的な関係」です。「もし見返りになにか祝福されるならばお金を捧げよう」「自分の名前がボードに掲示されるべきです。私がアンナダナムに貢献したことに言及してください」と。

しかしその行いから得る特別な利益は何でしょうか?今回の生で名声をえて、有名になり、祝福されるでしょう。物質的世界において良い子ども、素晴らしい財産に恵まれるでしょう。もし純粋な光、イリュミネーションへと到達することを求めるなら、彼らはすべての仲介者の神々、あるいは凶暴な神々への崇拝を諦めなければなりません。純粋性を求める人がどうやって同時にこれらの活動を続けられるでしょうか?

スワミジに近づくデヴォティーはたくさんいます。彼らは欲望の巨大なリストを読みあげ、スワミジが彼らを祝福すべきだと探し求めます。最後は「心の平安」「解放」で祝福されることに行きつきます。

この解放とは、何かのヤントラ(お守り)やマントラ(呪文)が与えることができるものでしょうか?お店で買うことができるようなものでしょうか?そのような人々に私は何を言わなければならないでしょうか?「あなたの富を諦め、大きな家を諦め、子供を諦めなさい」と言えるでしょうか?そのようなことを私が言った場合、彼らが言うことを聞くでしょうか?私の元を去っていきますが、けっして物質的な接触をあきらめないでしょう。今、すくなくとも彼らはグル・ダルシャンに来ています。そう言ってしまうことによって、私はこの小さな善良さを損なってしまうのです。

そのような人々はだんだんと良くなっていくべきです。「今ではなく、明日、バガヴァタムの詠唱があります。その催しに参加しに来てください。バガヴァタムを聞くことはあなたに富をもたらすでしょう」
時として、このような人々を正しい道に置くためにに小さな嘘が重要でさえあります。「聞くことによって、失ったものを取り戻すでしょう。権力を今のままに保つでしょう」 それからすべてを主クリシュナの前に差し出して彼に言います。「クリシュナ、あなたの名を使い、彼らに嘘をつかなくてはなりませんでした。私の唯一の目的は彼らが正しい道を辿ることを確実にすることです。このことに私の個人的利益は何もありません」 彼らが失ったものを取り戻すこともまた可能です。そうでなければ、わたしの言葉が間違っていたことになるでしょう。そのようなときには、このことについての慈善活動についての適切な費用を考え、それを行ってください。

ラジャス的、タマス的性質に溢れた人々に、純粋なサットヴァ的な性質、解放について教えることは極度に難しいことです。彼らに解放について教え、説明するのは巨大な苦行のようです。それはヨガです。

Vāsudeva-parā vedā Vāsudeva-parā makhāḥ
Vāsudeva-parā yogā Vāsudeva-parāḥ kriyāḥ
Vāsudeva-paraṁ jñānaṁ Vāsudeva-paraṁ tapaḥ
Vāsudeva-paro dharmo Vāsudeva-parā gatiḥ

オーム ナモー ナーラーヤナ

続く

PAGE TOP