ブログ

シュリーマド・バーガヴァタム 第13話

カテゴリー :

srimad2

すべての存在の中にある、主の普遍的な形態の中には、わずかなラジャス(激性)とタモ(惰性)の性質さえもありません。いかなる形態も比較にならないほどの純粋な存在(スッダ・サットヴァ)の形で存在しています。言い変えれば、完全なる純粋性の形態であるということです。
paśyanty ado rūpam adabhra-cakṣuṣā
sahasra-pādoru-bhujānanādbhutam
sahasra-mūrdha-śravaṇākṣi-nāsikaṁ
sahasra-mauly-ambara-kuṇḍalollasat

主の、この普遍的な形態は、イヤリング(クンダラ)の中で素晴らしく美しく輝いています。偉大な聖者/ヨーギは、ジニャーナ・ネトラ(聖なる眼)で主の普遍的なこの形態を見ます。これが最初の化身です。この普遍的形態はアディ・ナーラーヤナ(原初のナーラーヤナ)の化身です。彼らから天人、人間、動物、鳥、その他の生物は生まれました。

主から、多くの化身が出現し、出現の目的が完遂した後に、これらの化身は本来の普遍的形態へと融合されます。この普遍的な形態は、至高の主のわずかな部分でしかありません。主ブラフマが至高の主のほんの一部分、一側面として現れました。主からマリーチと他の優れた聖賢たちは来ました。
普遍的な形態であり、創造の上ではクマラと呼ばれる主アディ・ナーラーヤナ(原初のナーラーヤナ)は素晴らしく美しい聖賢サナカ、サナンダ、サナータナ、サナット・クマラ方の形をとり、非常に困難で奮闘するブラフマチャリア(神を認識する道を歩むこと)の誓いをいかなる遅延もなしに実践しました。

素晴らしく美しい四人の聖賢サナカ、サナンダ、サナータナ、サナット・クマラは至高の主の一番目の化身です。
今度は、2番目の化身です。ヤグネーシュワラ(すべての犠牲的儀式、ヤグニャの主)としての主は、この地球の幸せのためにイノシシ(ヤグナヴァラーハ)の形を引き受け、宇宙の地下部(パーターラ)から地球を引き上げました。

3番目の化身である主スリマン・ナーラーヤナは、聖者(リシ)たちが大勢いた創造の中で、神聖なる聖者聖賢ナーラダとして化身しました。彼は帰依者たちにカルマについて話されているパンチャラートラーガマを教えました。通常の道では、行動(カルマ)はすべての束縛の背後にある原因です。しかし聖賢ナーラダによって教えられた善行(実在のカルマ)への固守によって、内なる心は浄化されます。これは解放へと導くものとなります。この取り組みを通して、ナーラダの形態としての至高の主は、自ら解放を説いたのでした。

4番目の化身では、至高の主は、王ダルマの息子として、ナラとナーラーヤナとして誕生しました。聖賢ナラとナーラーヤナは完全にマインドを統御し、他の人は達成することが不可能な厳格で奮闘を要する禁欲生活にとりかかっていました。

5番目の化身では、主はすべてのシッダの主である聖賢カピラとして生まれ変わりました。聖賢カピラはすべての本質(タットヴァ)の全容を明らかにし、サーンキャ・シャーストラを聖賢アースリに説きました。そのうち、この神聖な文献は消滅してしまいました。

6番目の化身として、主は聖賢アトリの息子であるダッタートレーヤとして化身しました。主は祈りの応えとして母であるアナスヤの子として生まれました。主は真我の知識を、アラルカ、プララダ、ヤドゥ、カルタヴィリャなどの存在に教えました。ダッタは至高の主の6番目の化身でした。

さて、7番目の化身として、主はプラジャパティ・ルチとその妻であるアークティの息子として化身しました。彼の名前はヤグニャ(儀式)です。彼の息子たちであるヤーマと他の神聖な一団と一緒になって、スワーヤムブヴァ・マンヴァンタラと知られる期間を救済しました。ヤグニャは7番目の化身でした。

8番目の化身、全てに浸透し、巨大な歩みをもたらす主は、王ナービと妻メルデヴィの息子であるルサバとして生まれました。正しい判断と批判的識別能力を持つ人々に対して、生命のすべての秩序(アシュラマ、ステージ)である絶対なる知識の道(パラマハンサ・ジニャーナ・マルガ)を見せました。
オーム ナモー ナーラ―ヤナ

続く

PAGE TOP