ブログ

シュリーマド・バーガヴァタム 第24話

カテゴリー :

srimad2

アルジュナは祈りを続けました。「おお至高の主よ、あなたのこの生まれ変わりは、あなたのことを心から支持し、完全な集中のもとあなたを瞑想する者たちを助けることになります。おお!デーヴァの中のデーヴァよ、この方向に降り注いでいる壮大な光は何でしょうか。どこからきているのでしょう。この恐ろしい光はあらゆる方向を取り囲んでいます。私は何も分かりません。助けてください。」このようにアルジュナは祈りました。

スリ・クリシュナは以下の様に返答しました。「アルジュナ、これは危険なブラフマーストラであることに気づいているか?ドローナの息子であるアシュヴァッターマンは、自身の人生に混乱し怯えて、この様な武器を使った。あなたはきっと理解していない。彼はこの武器を回収したり無効にしたりするすべを知らない。ブラフマーストラに対抗できる武器はこの世には無い。あなたは弓術に関する知識の専門家である。このため、あなたがブラフマーストラを解放して無効にせよ。ただ一つのブラフマーストラだけが他のブラフマーストラを無効にできる。」

どのように炎に対処するか?例えば、森に火災があるとします。火を抑えるために水が放たれても、とどまるところを知りません。炎が広がっている方向を推測しないといけません。その後、その方向で別の火が出るでしょう。火が火を中和するのです。

「だから、アルジュナ、行ってブラフマーストラを解放せよ。中和するにはブラフマーストラ以外の武器はない。」
アルジュナはアーチャマナ(浄化の儀式)を行い、プラダクシナ(巡行)を主・スリ・クリシュナへ捧げ、ブラフマーストラを解放しました。

二つの武器が融合し、太陽や巨大な火の玉のような、想像を絶するほど巨大な光を作り出しました。この輝きは、存在の三つの面すべてを含んでいました。この二つの武器の強度が合わさり、三つの世界が焦げ付きました。人々は、破壊の火(プララヤ アグニ)が舞い降りたと信じました。

破壊(プララヤ)には水、火など多くの種類があります。地球は割れ、巨大な煙霧を放出します。

世界の破壊が起きようとしていたことを予知して、スリ・クリシュナは満足していませんでした。彼は今、世界の破壊が差し迫っていることに気づきました。アルジュナはスリ・クリシュナの感情を理解し、瞬時に双方の武器を思い出しました。

二つの武器が一緒になったので、武器は一つになりました。アルジュナはそれを思い出しました。アルジュナは他の人によって解放された武器をも思い出す知識がありました。彼はグルの祝福を受けました。
深く憤慨したアルジュナは、素早い早さでアシュヴァッターマンを捉えました。彼はまるで動物のようにロープで縛りました。アルジュナはアシュヴァッターマンをまるで動物の様に引っ張って、ドラウパディーのキャンプにつれて行きたかったのです。これを見てクリシュナは怒って言いました。「おおアルジュナ、容赦するでない。彼はひどく墜落したブラーマンだ。彼を殺すのだ。彼は眠っていた無実の子供達を殺した。恐ろしい罪人である。

ダルマの教義を知っている人は、敵が酔っているとき、不注意な時、正気でない時、そして寝ている時には相手を殺しはしない。また助けを求める者、自身を助けることができない者、馬車を持たない者、恐れている者は殺さない。そのような人が、真の戦士である。彼は無力な人を殺さない。ただ、逃すだけである。

他人を犠牲にして自分の人生を助けるような思いやりのない人は、殺されるべきである。このような人が自由であると、彼の邪悪さはますばかりで、より悪い状態になると考えられる。このため、そのような人を殺す方がその人のためになるのだ。したがってアルジュナ、すぐに彼を殺すのだ。それによって、彼の罪は滅ぼされるだろう。それだけではない。アルジュナ、あなたは私の前で、ドラウパディーに、彼女の息子を殺したアシュヴァッターマンの首を持ってくることを約束しなかったか?だからこの、子供を殺したアシュヴァッターマンを殺すのだ。今すぐに!

彼の主人であるドュルヨーダナは彼の残酷な行為を好んでおらず、不快感を与えた。ドュルヨーダナは彼を信じてさえいなかった。『パーンダヴァの息子を殺すのがそんなに簡単か?彼は私のことをだましているに違いない』とドュルヨーダナは考えた。ドュルヨーダナはまた、アシュヴァッターマンが本当にパンダヴァの息子を殺したならば、これまで無敵だったアシュヴァッターマンは、自身の失墜をもたらしたと考えた。」

このようにして主クリシュナは、アルジュナの知恵とダルマの法則の遵守を試し、アシュヴァッターマンを殺すように様々な方法で扇動しました。しかし、最高の存在であったアルジュナは、彼のグルの息子であるアシュヴァッターマンを殺す気持ちはありませんでした。たとえアシュヴァッターマンが自身の息子を殺害したにもかかわらず。彼は、グルの息子を殺すということは、自身の息子を殺すことと同様であると考えていました。彼の息子が殺されたからといって、どうしてまた他の人に痛みを与える必要があるのでしょうか?結局のところ、アシュヴァッターマンは彼らの尊敬するグルの息子なのです。それをどうして殺すことができるでしょう。アルジュナはアシュヴァッターマンを殺すことはできませんでした。

そしてアルジュナはアシュヴァッターマンを引っ張っていき、悲しみの中にあるドラウパディーに委ねました。高潔なドラウパディーは、グルの息子であり、今は動物のように引きずられ、恥ずかしさに頭を下げているアシュヴァッターマンを見て、彼に対する思いやりの心を持ちました。その思いやりの心を持って、彼女はアシュヴァッターマンに敬意を示したのです。彼女は平安を取り戻していました。ドラウパディーはそのくらい神聖だったのです。そして、彼女は母親でした。母親はいつも母親なのです。敬虔で貞淑な女性であったドラウパディーは、アシュヴァッターマンが動物のように引きずられているのに耐えられませんでした。

ドラウパディーは大声で叫びました。「彼を解放してください!今すぐに!彼は、尊敬されるべきバラモンであり、そしてグルの息子なのです。彼を今すぐに自由にしてください。おおアルジュナ、あなたは弓をあの尊敬するグルから学んだのです。そして武器を回収して無効にすることをも。あの偉大で霊的なドローナ・グルが、今私たちの前に、アシュヴァッターマンとして立っているのです。ドローナの妻でありこの戦士の母であるクリピはまだ生きています。彼女はまだ夫のドローナと供に、生きることを諦めていません。だから、彼を今すぐに自由にしてください。」

ナーラーヤナ ナーラーヤナ、スリーマン ナーラーヤナ!

続く

PAGE TOP