言葉と教え

バジャ・ゴーヴィンダン第2話

カテゴリー :

bhaja govindaṃ bhaja govindaṃ
govindaṃ bhaja mūḍhamate |
samprāpte sannihite kaāle
nahi nahi rakṣati ḍukrinkaraṇe || 1

賛歌の意味:おお、ムーダ(愚かな/無知な人)よ! 主ゴーヴィンダを崇め、礼拝するのだ!死の最後の瞬間、あなたが暗記しようとしているこの文法のレッスンは、何の助けにもなりません。

アーディ・シャンカラーチャーリヤは、弟子を「ムーダマテー」と呼んで教えを始めます。一般的な理解では、これは愚かで、おかしくて、ばかげた人を指します。しかし、ヴェーダーンタによれば、「ムーダ」はモーハ(幻想、妄想)に溺れている人です。

モーハは「夢中、心酔、のぼせあがり」を意味します。この心酔は、その人が感覚(インドリヤ)で構成されるこの肉体に他ならないと信じるようにさせます。この信念に完全に取りつかれた人は、自分の真のアートマ(真我)を認識できません。これがモーハです。

このモーハに溺れた存在は、どうすれば高められるのでしょうか。そのような存在にとっての出口は何でしょうか。この質問に答える前に、実際に何がこの病気/悪い状態を引き起こしているのかを徹底的に理解することが不可欠です。

私たちのウパニシャッドは、無知(アヴィディヤまたはマーヤー)がこのモーハ(夢中、幻想)全体の原因であると厳然と述べています。ヴェーダーンタの支持者は、真我(アートマ・タットヴァ)について教える知識(ヴィディヤ)を除いて、他のすべての形態の知識はアヴィディヤ(無知)に分類できると断言しています。この角度から見ると、文法(ヴィヤカラナ)を含む6つのヴェーダーンガ(ヴェーダの研究と理解に関連する補助的な規律)はすべて、「アヴィディヤ」と呼ぶことができます。

だからこそこの賛歌の中で、アーディ・シャンカラーチャーリヤは、文法の教え(ヴィヤカラナ・スートラ)を暗唱して暗記することに全時間を費やし、その結果、自己の本質(アートマ・ヴィディヤ)に集中することを怠っていると叱責しているのです。これはまったくの時間の無駄です。死の最後の瞬間には、至高のパラマートマについての考えではなく、これらの文法の教えだけが記憶に浮かびます。

この最終目標、つまり、その最後の瞬間に至高の考えが心を支配するという目標を達成するには、肉体が若く、活力があり、健康なときから、神の名前を絶えず想起することが不可欠です。

これが強調されているからといって、他のすべての形式の知識や他の聖典は役に立たないとして完全に捨てることはできません。これらの聖典(シャーストラ)はすべて、至高のパラブラフマに到達するためのツールとして使用すべきであり、この考え方で勉強することができます。目標は、真我の本質/性質(アートマ・タットヴァ)を理解することだけです。

生涯を通じて神について考えたことがなかった男がいました。彼が亡くなったとき、親族は皆、彼が最後の息をひきとるときに主の名を唱え、少なくともいくらかの功徳(プンニャ)を積めるようにと懸命に努力しました。彼らの努力はすべて無駄でした。最後の手段として、(器を洗うのに使う)スクラブを持ってきて、その名を呼ぶように頼みました。彼が主ナーラーヤナの名前の少なくとも半分の「ナーラ」と言うことを期待して、その努力で彼が少しのプンニャを積むだろうと期待しました。しかし、その男は「ピーチュ」(同義語)と言って亡くなりました。これは、若い頃から神の名を唱える習慣を身につけていないすべての人の状態です。

「バジャ・ゴーヴィンダン」とは、「至高の本質を理解する/熟考する」という意味です。この事実が人間の強固な知性にしっかりと刻み込まれるように、この賛美歌の中で「バジャ・ゴーヴィンダン」という言葉が三度繰り返されています。

聖典「シュリーマド・バーガヴァタン」には、クリシュナがゴーヴァルダナ山を持ち上げて、牛たちを守護すると、インドラ神が彼を「ゴーヴィンダ」と称えたと記されています。「ゴーヴィンダ」とは「牛の王」を意味します。「ゴー」とは本質的に「プラーナ (生命力) を持つすべての生き物」を意味します。

この「バジャ・ゴーヴィンダン」はどのようにして生まれたのでしょうか。かつてアーディ・シャンカラーチャーリヤ・スワミがガンジス川で沐浴を終えて戻る途中、偶然、ある博識な教師とすれ違いました。その教師は生徒に「ドゥクリンカラネーḍukrinkaraṇe」という文法のレッスンを暗記させようとしていました。その少年はこの言葉を完璧に暗唱することができず、教師は容赦なく努力しました。その間、師が持っていた水差しが落ちました。転がった水差しは「ドゥクリン・カラネー、ドゥクリン・カラネー」という音を立てました。これは、この絶え間ない修行のおかげで、水差しでさえこの文法の教訓を学んだことを意味します。

これを見て、シャンカラーチャリア・スワミは大いに感動しました。彼は、これらの人間が自己の本質について学ぶことを完全に忘れて、代わりに生存に不可欠な活動だけを遂行しようと奮闘していることを悲しみました。彼はすぐに説法をしました。バジャ・ゴーヴィンダン、バジャ・ゴーヴィンダン、ゴーヴィンダン・バジャ・ムーダマテー

では、他の賛歌に進み、そこに含まれる本質を理解しましょう。

バジャ・ゴーヴィンダン第3~5話 | シュリー・スワミジ日本公式サイト ダッタヨーガミュージックセンタージャパン (swamiji-music.jp)

PAGE TOP