言葉と教え

スンダラ・カンダ[ラーマーヤナ第五巻 美の巻]2

カテゴリー :

「スンダラ・カンダ」は、ダルマ(正しい行い・正義)、アルタ(富・実利)、カーマ(愛・願望)、モークシャ(解放・解脱)の 4 重の恵みをすべて授けます。徳である善良であること、他人を欺かないこと、他人を傷つけないことであり、富である生計を立てるために稼ぐこと、願望を満たすこと、そして解放です。

私たちは真ん中の二つだけに従います。お金を稼ぐため、そして欲望、肉体的な快楽、子供を産み育てるために生きています。一つ目と四つ目は置き去りにしてきました。真ん中の二つが正しいものです。私たちは偏ったやり方をしています。後で対処できると考えています。そのような考え方は間違っています。ダルマとモークシャを最優先にしなければなりません。この二つを継続して実践しなければなりません。

「スンダラ・カンダ」の学習は、病気の緩和に役立ちます。困難の克服に役立ちます。悪夢や火災の危険を防ぎます。長生きしたい人には長寿をもたらします。繁栄、地位、立場、王国、ヴィディヤまたは知識、結婚、子どもや子孫を望む人々に与えます。努力が成就します。始めた仕事が何であれ、きちんと完了します。鋭い知性が与えられます。鈍さが取り除かれます。多くの人が鈍くて怠惰です。その鈍さが消えていきます。活動的でありたければ、食事の量を減らしてください。怠惰と無気力を避けるためには、食べ過ぎてはなりません。運動不足の人は常に痛みや苦痛に悩んでいます。その人たちは常に休みたがります。筋肉痛や関節痛に悩まされています。食事、娯楽、思いには節度が必要です。他人の噂話をするのは良くありません。他人をからかったり、嘲笑したりするのは間違っています。睡眠をとりすぎるのも良くありません。昼食後すぐに寝たり、やたら昼寝をするのは間違っています。ただ食べて寝るというのは良くありません。

そのような悪習は「スンダラ・カンダ」を聞くことで破壊されます。無知はなくなります。平和と知識が与えられます。学者たちはいつも「スンダラ・カンダ」を研究しています。「スンダラ・カンダ」は素晴らしいマントラ・シャーストラです。これを絶えず研究してその内容について熟考している人はたくさんいます。決意と固い意志をもってこの「スンダラ・カンダ」に熱心に耳を傾け、今日からハヌマーンの恩恵を授けてもらいましょう。

オーム・ナモー・ハヌマテー・ナマハ

「スンダラ・カンダ」では、すべての出来事がスンダラ、つまり美しいのです。

シーターが誘拐された後、ラーマとラクシュマナはシーターの捜索を始めました。カバンダが与えた手がかりに従って、彼らはリシャムカと呼ばれる丘にやって​​来ました。不遇の王であるスグリーヴァがそこに避難していました。彼は兄のヴァリを恐れて暮らしていました。数人の忠実な家臣とともに、彼はこの丘に避難していました。兄のヴァリはその丘を登ると頭を粉砕されるという呪いをかけられていました。

ある日、そこに隠れていたスグリーヴァは丘の頂上から、ラーマとラクシュマナがやってくるのを見ました。ヴァリが彼らを派遣したのだと想像して、恐怖に震えました。聖者マタンガの庵はリシャムカの丘にありました。太陽神の弟子で、スグリーヴァの大臣であったハヌマーンは、彼の亡命に同行していました。彼はスグリーヴァを安心させ、恐怖を払拭しようとしました。スグリーヴァの命令により、ハヌマーンは学者/苦行者に変装して、ラーマとラクシュマナに近づいて自分を紹介しました。

ジャイ・ヴィーランジャネーヤ・スワーミキ、ゴーヴィンダ・ゴーヴィンダ。(勝利のスローガンがジャイで始まる場合、ゴーヴィンダは最後にのみ言う必要があります)

それからラーマはラクシュマナにハヌマーンの偉大さについて説明しました。着けているイヤリングによってラーマに正体を見破られたハヌマーンは、本来の姿を現しました。彼らはまず話し合いました。それからハヌマーンは自分がスグリーヴァの大臣であると自己紹介しました。彼はラーマにスグリーヴァの高貴な性質を説明しました。兄のヴァリの裏切りのため、スグリーヴァは丘に避難していました。ハヌマーンはここで私たちに召使いや仲間のあるべき姿である模範を示しています。ハヌマーンはラーマとラクシュマナを連れてスグリーヴァに会いました。アグニ/火を証人として、ハヌマーンはラーマとスグリーヴァの友情を築くのを助けました。これはとても美しい出来事です。

これは並外れた友情であり、私たちの人生における友情とは違います。最近の友人は、ちょっとしたことでいつでも友情を裏切ります。友人と一緒にレストランに行き、お腹いっぱい食べて、支払いは友人に任せます。真の友人というのは、友人のためにいつでも自分の命を捧げることができます。最近の友人は、友人と言われている人の命を奪います。生涯の友情とは、ここで描かれている類の友情のことです。最近の通常の友人というのは泥棒です。誰かを信頼するのはよくありません。慈善としてあげてしまった方が良いです。借金をして困難に陥らないでください。

ラーマとスグリーヴァは互いに約束を交わしました。ラーマはスグリーヴァに、兄のヴァリを殺して王国を取り戻させることを約束しました。その返礼に、スグリーヴァはラーマの妻シーターを見つけて悲しみを取り除くことを約束しました。

ちょうどその瞬間、シーターの蓮のような左目がピクッと動きました。それは彼女にとって良い前兆でした。女性の場合、左目、左肩、左腿がピクっと動くのは吉兆です。ちょうどその瞬間、ヴァリの左目がピクピク動きました。彼にとっては不吉な前兆でした。男性の場合、左目、左肩、左腿がピクピク動くのは凶兆です。ちょうどその瞬間、ラーヴァナの左目もピクピク動きました。これもまた彼にとっては恐ろしい前兆で、彼の終わりが近いことを示していました。

突然、このようにピクピクとした動きが起こります。何ヶ月か何年かに一度しか起こらないかもしれません。神経の衰弱から起こるものやチックのことではありません。男性の場合、右目がピクピク動くのは吉兆です。

一部の前兆だけを信じてください。トカゲの鳴き声は悪いと言われていますが、そうではありません。信じられる前兆はほんのわずかです。ベルの音や電話の音は、特定の何かを示すものではありません。あまり迷信に熱中しすぎないでください。

ヴァリは、自分に何か悪いことが起きようとしていることを知りました。そしてスグリーヴァとの約束どおり、ラーマはヴァリを殺しました。ラーマは多くの妨害があったにもかかわらず、約束を守りました。最初の試みは失敗しました。兄弟が戦っているときに兄弟の見分けがつかなかったからです。次に、ラーマはスグリーヴァに、区別するための花輪をつけさせました。最後に、隠れていた場所からヴァリを射殺し、スグリーヴァをキシュキンダーの王にしました。ヴァリの妻ターラは、夫の死で悲しみの海に溺れました。偉大な学者であり、学識のあるハヌマーンから彼女は素晴らしいウパデーシャ(霊性の教え)を受けました。ハヌマーンは彼女に慰めを与えました。

ここでハヌマーンは第一のグルと呼ばれています。なぜなら、彼は主人であるスグリーヴァに貴重なアドバイスを与えたからです。快適さに溺れ、贅沢にだらだらしていたスグリーヴァは、ラーマとの約束を忘れていました。ハヌマーンはスグリーヴァに思い出させ、警告しました。ハヌマーンはスグリーヴァに、ラーマの偉大さについて話しました。スグリーヴァはラーマを助けることを怠っていました。ハヌマーンは王に義務を思い出させました。彼はラーマに対する当面の義務を伝えました。こうしてハヌマーンはスグリーヴァの師となりました。人は困難に直面したときだけでなく、幸福なときにも神を思い出すべきです。

ラクシュマナはスグリーヴァの怠慢に怒り、激怒してやってきました。ターラは怒ったラクシュマナをなだめました。彼女はラクシュマナの呪いによって王国が滅びるのではないかと恐れました。彼女はラクシュマナを王のところに連れて行きました。スグリーヴァは酔っぱらっていて、ラーマとの約束を忘れていました。彼は正気に戻り、深く謝罪しました。彼はヴァーナラ族全員を集めて四つのグループに分けて、四方向に送り出しました。

南に向かうためにハヌマーンが特別に選ばれました。彼はシーターを見つける任務を託されたのです。スグリーヴァはハヌマーンの能力と才能を知っていました。スグリーヴァはハヌマーンに対してそのような信頼を抱いていました。ラーマもまたハヌマーンに対して同様の信頼を持っていました。

詩句: ニスチターアルティ・・・

一点集中はハヌマーンだけが持つ特別な特質でした。ハヌマーンを信頼すれば、その使命は確実に達成されるとラーマは信じていました。スグリーヴァはハヌマーンだけがシーターを見つけ、彼女の居場所と安否の良い知らせを持ち帰ることができると知っていました。だからこそ、彼はハヌマーンがシーターを探すために南の方向に進むよう取り決めました。スグリーヴァの確信に基づいて、ラーマもまたハヌマーンだけを信頼すべきだと感じました。

詩詩: ニスチターアルティ・・・

集中力はハヌマーンだけが持つ特別な特質でした。ハヌマーンを信頼すれば、スグリーヴァもラーマもその使命は必ず達成されると信じていました。

ラーマは、非常に熱心に準備を整えたハヌマーンを見ました。ラーマは楽観的になりました。ハヌマーンは旗と棍棒を持ちました。彼は腰帯を締めました。ラーマは、ハヌマーンが成功するであろう使命を準備をしているのを見て嬉しく思いました。彼は、承認の証としてシーターに渡す印の指輪をハヌマーンに渡しました。そこにはラーマの名前が刻まれていました。「シーターはきっとこれを認識し、あなたと話すだろう。さもなければ、彼女は激しい怒りであなたを燃やしてしまう。彼女は時間の火だ。彼女はドゥルガー・パラメーシュワリだ。彼女は、あなたが偽物であり、ラーヴァナの使いだと思うだろう。今は私たちは本当のシーターが誰なのか知らない。後でわかるだろう」

「ラーマの名が彼女を落ち着かせるだろう」ハヌマーンが出発しようとしたとき、ラーマはハヌマーンにこう祈りました:

詩句:アティバラ・・・

バジャン:サブダマヤ・・・

北、東、西に派遣された 三方の捜索隊は、スグリーヴァが定めた時間内に何も見つけられずに、シーターの居場所に関する手がかりをまったく得られませんでした。

南へ向かった捜索隊は戻ってきませんでした。彼らからのメッセージはありませんでした。テレパシーによる知らせも受け取っていません。当時は電話もありませんでした。アンガダがリーダーでした。捜索隊はあちこちを捜索し、疲れ果て、空腹で、喉が渇き、眠くて、衰弱していました。ハヌマーンはヴァーナラ族が苦しんでいることに気づきました。ハヌマーンは彼らを助けることにしました。休息、水、食べ物を与える必要がありました。ハヌマーンはヴリクシャ・ビラムと呼ばれる洞窟を見ました。鳥たちが木から飛び立つように、洞窟から飛び出してきました。彼らは水を探しに入りました。そこにはヨーギニーのスワヤンプラバがいました。彼女は美しく、神の力を持っていました。ハヌマーンは彼女に彼らの困難を説明しました。彼女は、その一行がラーマの使命を受けて来たことを知っていました。ハヌマーンは彼女を称賛し、助けを求めました。彼女は喜んで温かくもてなしました。彼女は、呪いのせいで洞窟から出ることはできないと言いました。彼女は皆に目を閉じるように言いました。ヨーギニーの助言通り、スワヤンプラバとハヌマーンのヨーガの力を合わせると、一行は一瞬にして海岸に運ばれました。海岸に着いたヴァーナラ族は、キシュキンダーに無事に帰還するための期限が過ぎていることに気づきました。期限を過ぎて一行が何も持たずに帰還すれば、スグリーヴァの命令により罰として死ぬことになります。落胆したヴァーナラ族は自殺をしようとしました。彼らは丘に火を放って、そこに飛び込んで死のうとしました。

「私たちはラーマを助けようとして失敗した」彼らは悲しみ嘆いて、自分たちの経験をすべて思い起こして、すべての出来事について語りました。ラーマ、ラーマ、シーター、彼らはラーマとシーターの名前を唱えました。

彼らはシーターの誘拐、ラーマの悲しみ、ラーマとスグリーヴァの友情、シーターを救おうとするジャターユの勇敢な努力、ラーヴァナによる残酷な扱い、そしてシーターを捜す無駄な努力などについて語っていました。すると近くに座っていたサンパッティが、兄のジャターユの死を聞きつけ、自分はジャターユの兄弟だと名乗り出て、彼らの苦境について尋ねました。

「どうしてこの火をつけたのか、なぜ自殺しようとしているのか?」と、サンパッティは尋ねました。ヴァーナラ族から説明を聞くと、彼はシーターの居場所を彼らに伝えました。

「シーターはランカーにいる。ラーヴァナが彼女を誘拐した。落胆するな。必ず彼女を見つけるだろう」最初、彼らは皆、シーターが捕らえられていた場所を知ってとても喜びましたが、その後、再び落胆してしまいました。

海をどうやって渡るかが問題でした。「この海はどれくらい広いのか。何ヨージャナか。どうやって海を渡るか。私たちには不可能な仕事だ」。落胆した彼らは、この情報が私たちにとって何の役に立つのかと尋ねました。しばらくして、彼らは希望を取り戻し、自分たちの強みと弱みを比較評価し始めました。それぞれが自分の強さを測りました。そして再び希望を失いました。自分たちのうちの誰かが海を渡れるという自信を持てませんでした。最後に、彼らの中で最年長のジャンバヴァンに賢明な助言を求めました。彼は年長者でした。彼はヴァーナラ族全員を励ましました。彼は遠くに孤独に静かに座っているハヌマーンを指さしました。ジャンバヴァンは彼の強さを伝えました。彼はハヌマーンのところへ行き、彼の強さを称賛して、決断力のある行動を起こすよう彼を鼓舞しました。彼は大声でハヌマーンの名前を呼び、こう言いました。「私には海を渡る力があるが、戻ってくるには年を取りすぎている。あなたには海を楽々と渡る速さと力がある。あなたはすべての神々の力を合わせた力を持っている」

ハヌマーンは彼の称賛を聞く必要がありました。彼は彼の計り知れない力について思い出す必要がありました。彼の助けと恩恵を受けたいなら、私たちはハヌマーンを称賛しなければなりません。私たちは自分の悩みについて泣きながら彼のところに行くべきではありません。そうすると、ハヌマーンも私たちと一緒に泣くことになります。彼は呪いのせいで自分の能力を忘れています。彼には繰り返し称賛が必要なのです。

ハヌマーンは今や、ヴァーナラ族全員から彼の力と能力について称賛され、感銘を受けて自信を得ました。彼は立ち上がりました。彼は腰帯を締めました。彼は体を大きくしました。海を渡ることを決意しました。「あなたは最高の英雄だ」とヴァーナラ族は勝利のスローガンを叫びました。

ハヌマーンは海を渡る自信を表明しました。「私が飛び立つのを恐れてはならない」と彼はヴァーナラ族に警告しました。人工衛星やロケットが打ち上げられるときのように、彼が海を越えて飛び込むときにはものすごい音がします。「恐れることはない。今から必ずシーターを見つけに行く」。ハヌマーンは恐ろしい声で、その確固たる決意を叫びました。ヴァーナラ族は皆、再び勝利のスローガンを叫び、ハヌマーンを鼓舞しました。ジャンバヴァンは、ハヌマーンは必ず成功して戻ってくると宣言しました。ジャンヴアヴァンはハヌマーンが無事に戻ってくるまで、ヴァーナラ族は皆、片足で立って苦行を続けると誓いました。ハヌマーンの途方もない任務が無事に完了するように、マントラを唱えて祈りを捧げると言いました。

ハヌマーンは、マヘーンドラ山以外の場所は、自分の発射台として適していないと判断しました。他の場所を選んだ場合、地面は彼の発射の力で沈んでしまいます。他の場所であれば、地面に大きな空洞ができてしまいます。ハヌマーンは基礎の強度を調べました。それは非常に重要でした。そのマヘーンドラ山でさえ、ハヌマーンが巨大化した時、その力に耐えられませんでした。岩が溶け、そこに溜まっていた水がハヌマーンの力と重さによって湧き出てきました。

詩句: sa vegavan サー ヴェーガヴァーン

ハヌマーンは飛び立つのに適した基盤を探しました。地面が崩れ、巨大な空洞と割れ目ができました。大きな谷と裂け目ができました。木々は押しつぶされました。

マールティ(ハヌマーン)は飛ぶ準備を整えました。彼の体は熱くなりました。火山のように、煙が怒涛として沸き立ちました。彼はランカーでシーターに会うことを思い、エネルギーと熱意で沸きました。

これは「キシュキンダー・カンダ」の最後のシュローカです。ここまでは、ハヌマーンが最も深遠な霊性の旅に向けて準備を進めている様子が描かれていました。彼は今や、サーダナ・チャトゥシュタヤ(四つの霊性修行)の習得、シャマ(心の統御)、ダマ(感覚の統御)などの必要な内なる装備の獲得を完了しました。困難な課題を達成するための準備はこれで完了しました。これはすべて、ヨーガ・サーダナ(ヨーガの霊性修行)にほかなりません。彼の目標はしっかりと定まっていました。この海を飛ぶこと、この空を跳躍することが、彼の目の前に迫った課題でした。この課題の達成は、ラーマ、シーター、スグリーヴァ、ラクシュマナに幸福をもたらします。ハヌマーンは、彼らの苦悩を消し去ることを目標に決意していました。

人間だけが将来の目標を設定する能力を持っています。ただ食べて、寝て、楽しむだけの動物とは違って、人間は世界に役立つ目標を自分自身に設定しなければなりません。役に立つ目標なしに生きる個人は、世界にとって完全な損失です。確固たる決意を持って他人のために生きる者だけが真の人間です。人間は皆、他者への奉仕という決意の道を歩まなければなりません。そうでなければ、人間として生まれることは無駄です。

ここから「スンダラ・カンダ」が始まります。

ハヌマッチンタナ・ゴヴィンダ・ゴヴィンダ。

ジャイ・ヴィーラ・ハヌマーン・キ – ジャイ

今、私たちはハヌマーンの最も大胆な行為について学び始めます。

オーム・ナモ・ハヌマテー・ナマハ

一番最初のシュローカ(詩句)は、タトー・ラーヴァナ・・・

その後、ジャンバヴァンの強い鼓舞により、敵に恐怖をもたらすハヌマーンはシーターの熱心な捜索を始めました。彼は、半神と天人の領域である天空を旅することを決意しました。これにはマントラ・シャーストラとヨーガ・シャーストラが関係しています。この距離の移動には二日ほどがかかります。一歩ごとに何か特別なことが起こります。この出来事は驚異に満ちています。ここでは、いくつかのエピソードとその内なる意味についてのみ説明します。また、物語も追っていきます。

霊性の道を進みたい人は、まずシャットカ・サンパッティと呼ばれる六つの宝を獲得しなければなりません(シャマ:心の統御、ダマ:感覚の統御、ウパラマ:外側から心を引き込むこと、ティティクシャ:忍耐、シュラッダー:信、サマーダーナ:真実への集中)。人々はヨーガを習得することに熱心です。しかし、それには厳しい規律が必要です。非暴力、清らかさ、貪欲にならないことなどが含まれます。多くの人が、霊性的に進歩していないと嘆きます。人生の主な関心事が朝、昼、晩、夜の食事と、大きないびきをかきながら眠ることだけであれば、どうして進歩できるでしょうか。まず第一に、食事と睡眠を節度を持って行うことが必要です。考え方と行動を改める必要があります。

ハヌマーンは首を伸ばして持ち上げ、牛のように見えました。彼自身が最も強力でしたが、彼はすべての神々と強力なエネルギーに敬意を表しました。

ハヌマーンはすべての長老に敬意を表しました。ハヌマーンは非常に偉大であるため、木々や海にも祈りました。ジャンバヴァンとすべての長老に敬意の挨拶が捧げられました。インドラ、すべての神々、すべての方角の主宰神に祈りを捧げました。年長者の祝福を得ることは、常に成功の助けとなります。人は常に年長者の祝福を得た後に、価値ある仕事を始めるべきです。傲慢さとプライドを持って始めてはいけません。年長者を敬い尊敬しない者は、努力で成功することはありません。年長者を敬い、彼らの祝福と祈りを求める者だけが、試みで成功するでしょう。

それからハヌマーンはマヘーンドラ山の地面を試しました。彼は心を落ち着かせ、知性を集中しました。それから自分の力を試しました。自分の姿勢を調べて完璧であるか確認しました。事前に必要なすべてのプラーナーヤーマの手順を完了した後、深く息を吸って、息を止めました。彼は絶対に自分の使命を成功させると決心しました。それからハヌマーンはヴァーナラ族に告げました。

詩句:ヤター・ラーガヴァ・・・

ラーマが放った矢のように、ハヌマーンはラーヴァナが支配するランカーを目指して飛び立ちました。ラーマの矢は的を外すことはありません。目的を達成せずに戻ってくることはありません。

ラーマの矢が的を射るように、私もラーヴァナが支配するランカーにたどり着けますように。ランカーでシーターを探します。そこで見つからなければ、天国で探します。そこでもシーターが見つからなければ、ラーヴァナを捕らえてラーマの元に連れ戻します。

ハヌマーンは優先順位を正しく設定しました。

企業する時は、損失を評価し、それをどう耐えて維持できるかを常に考えることから始めなければなりません。ビジネスを始める前に、常に否定的に考えましょう。損失したら生き残れるか考えてみます。

テルグ語には、「前向きに話しなさい」という格言があります。しかし花婿は、結婚式の祭壇で、泥壺が割れて漏れている、これは悪い前兆だ、と言い放ちました。

ビジネスでは、否定的な面をまず考慮しなければなりません。すべての資産を抵当に入れ、妻の宝石を売り払って企業すべきではありません。損失したら惨めな貧乏になります。過度に楽観的になってはなりません。

詩句:サルヴァター・・・

私はあらゆる方法で成功する。シーターの良い知らせだけを持って帰ります。

ハヌマーンは自分の偉大さを宣言しました。彼は自分の呼吸、体、心の強さを保証しました。

バジャン:ラーマナーマメ・ナードゥ・ガルジャナム

ラーマの使命をおったハヌマーンは、海を渡る間、多くのものに例えられました。それぞれの比喩には内的な意味があります。それらはすべて、彼の強い決意、神性、勇気、そして技術を示しています。ハヌマーンの偉大さを認識している者だけが、その内なる意味を理解できます。当時、ハヌマーンは空気と一体になっていました。

太陽神スーリヤは、熱でハヌマーンを苦しめませんでした。ハヌマーンはスーリヤの弟子であり、義理の息子でもありました。そのような優しい太陽がダラスにも訪れるべきです。それは私たちの助けになるでしょう。ハヌマーンが飛ぶと、風が穏やかに吹きました。

ここ、ダラスの焼けつくような暑さの中でもマラカタ・アーンジャネーヤ・スワミのクンバービシェカム(洗礼)の縁起の良い正午の儀式では、涼しいそよ風が感じられました。ガルダ(鷲)が空でダルシャン(謁見)を与えてくれました。

すべての神々と半神は協力し、ハヌマーンを助け、彼を讃える歌を歌いました。

ダラスでも、ヴァーナラ・セーナ(ボランティア)のメンバーの全員、マトゥル・マンダリ、信奉者、信奉者ではない人、全員が協力しました。

スワミジは奉献式の後、皆さんの助けを大喜びしました。恍惚のあまり我を忘れました。過去 4 日間、スワミジは熱に悩まされていました。話す力さえありませんでした。それでも、その時、主は彼に言葉と歌を与えました。主は彼に道を示しました。これ以上何を求めることができるでしょうか。ガルダのダルシャンは多くの人が直に楽しみました。中にはスクリーンや写真、ビデオで鷲の飛行を見た人もいました。

さて、雲の向こうの空をマイナカ山の形で素早く飛んでいたハヌマーンに、障害物が現れました。

常に明るいのは良くありません。多少の暗さが必要です。家庭では、少しの混乱が人生をより面白くします。ドバイで香水を販売している店を訪れたとき、彼らは私にいくつかの香水を嗅いで試すように見せました。しかし、新しい香水を紹介する前に、彼らはいつも顧客にコーヒーの種を嗅がせました。コーヒーの香りが前の香りを消してくれるのです。ドバイはおそらく最も多くの香水を販売しています。

同じように、体でも、時々、風邪、熱、そのような小さな不調が起こる必要があります。それは浄化のプロセスのようなものです。それは私たちが機械の装置を整備する方法です。時々、くしゃみや咳をしなければなりません。それは体から毒素や汚染物質を取り除きます。そうでなければ、一度に深刻な病気が発生してしまいます。私は、常に咳やくしゃみをしているべきだと言っているのではありません。それはシステムを浄化します。

スワミジは、母なる女神が痰や胆汁などの形を持っていると説明するバジャンを作曲しました。彼女はすべての病気を治します。その歌を歌うのに今は適切な時間ではありません。後で歌います。 (Sri Tripura Bhasura) 。時に障害や妨害は運転手を警戒させます。ここでは、マイナカが引き起こした妨害がハヌマーンを警戒させました。

海の神のサムドラは太陽王朝に属しています。ラーマと同じです。彼はラーマを助けたいと思いました。そのため、彼は海の底に隠れていた山であるマイナカに言って、立ち上がってハヌマーンに歓待と休息の場を提供させました。

時々、仕事を終わらせるのに熱心に迅速に取り組んでいるとき、助けの申し出やコーヒーの休憩の誘いが迷惑に思えることがあります。そのような気晴らしは勢いを壊してしまうからです。集中力が乱れてしまいます。マイナカはサムドラ(海の神)の勧めでハヌマーンに近づき、旅の途中で少し休憩するよう丁寧に頼みました。

詩句:カルタヴィヤン・・・

任務を果たせなかったとき、偉大な魂は忍耐を失い、怒りを覚えます。そのようなことはどんな犠牲を払ってでも避けなければなりません。高貴な魂を怒らせることは避けなければなりません。

人間の姿をとって、マイナカは山の黄金の頂上に立ち、ハヌマーンにこう語りました。「太古の昔、山には翼がありました。山は空を飛び、着地すると、多くの生き物に大きな混乱と苦痛をもたらしました。これに激怒したインドラは、ヴァジュラの武器でほとんどの山の翼を切り落としました。

ハヌマーンよ、あなたの父である風の神が私を救ってくれました。彼は私を持ち上げ、海に落としました。私はパーターラへの逃げ道を塞いで立っていました。インドラはこれに満足し、私をそこに留まらせてくれました」

パーターラは地球の核ではありません。パーターラは中心部から完全に外れています。

詩句:クリテーチャ・プラティ・カルタヴィヤン

「恩を返すことは古くからの信条です。サムドラはこれを知っています。だからこそ、彼は私にあなたに休息を与えるよう勧めたのです」

ハヌマーンはマイナカに優しく語りかけました。「私は目標の追求を決して止めないと誓いました。あなたの申し出は別の機会にお受けします。どうか何の妨げもなく進めさせてください。」

ハヌマーンはマイナカの祝福を受け、ランカーへの道を進みました。

天人たちはハヌマーンが空を疾走するのを見ました。彼らはハヌマーンの技術、専門知識、機転を試したいと思いました。彼らはナーガマーター(蛇の母)であるスラサに近づき、ハヌマーンに厳しい試練を与える任務を彼女に与えました。彼の任務はすでに十分に困難であり、この困難な旅の間にいくつもの試練に直面しなければなりませんでした。

ラーマの使命の遂行する中で、スラサ・デーヴィの形でラーマに二番目の障害が現れました。

もてなしを提供することで、マイナカはハヌマーンの道に障害物を作りました。さて、今回は別の方法で、ハヌマーンの行く手をスラサ・デーヴィが阻みます。

スラサはハヌマーンの前に立ちはだかり、神々が自分の次の食事としてハヌマーンを与えたと宣言しました。彼女はハヌマーンに自分の口に入るように命じました。「さあ、お腹が空いたわ。私の口の中に入りなさい」と彼女は好戦的な声で叫びました。

ハヌマーンは、「母よ、私は主ラーマの使命を遂行中です。どうか邪魔しないでください」と言って彼女をなだめようとしました。「先ほど、助けを申し出る口実でマイナカが私の道を塞ぎました。今、あなたは私をあなたの食事のために飲み込んで害を与えようとして、私を止めています。今が私をあなたの食事の薬味として使うのにふさわしい時ですか? どうか今、私の使命を完遂させてください。その後、私は喜んであなたの食事として自分を差し出し、あなたのお役に立ちます。私は必ず約束を守ります」スラサは聞き入れませんでした。彼女はその場でハヌマーンを食べると主張しました。

彼女は自分の体を巨大にしました。彼女は顎を大きく開きました。ハヌマーンも同じように体を大きくしました。するとスラサは体の大きさをさらに二倍にしました。ハヌマーンは電光石火の速さで自分の体を蚊ほどに小さくしました。彼はスラサの口と胃の中に飛び込み、同時に素早く出てきました。彼は彼女への義務を果たしました。彼は彼女の胃の中に入り、そしてまた出てきました。ハヌマーンはスラサに言いました。「私は今あなたの体から出てきたので、まるで別の生を受けたかのようです。ですから、あなたは今、私の母です。」彼は彼女にひれ伏し、彼女の祝福と祈りを願いました。それを得て、彼は進みました。

ハヌマーンはスラサの正体を知っていました。だからこそ急いで立ち去る前に彼女に敬意を表したのです。

高貴な魂が怒っているふりをして不快な態度をとったとしても、彼らの高貴で優しい性質は決して変わらないことを理解しなければなりません。多くの偉大な魂は、時々激怒しているかのように振る舞います。しかし、それは本当の怒りではありません。彼らの内なる善良さは決して揺らぐことはない。普通の人間は、性質、行動、態度の変化に対して弱いです。マハトマは違います。人間は、ラジョ・グナ(激質)から怒りを覚えると、その怒りの結果としてタモ・グナに堕ちます。行動や態度が悪魔的になります。しかし、敬虔な魂は、状況が要求するとおり、どれほど激怒したり凶暴に見えても、内面では平静で落ち着いたままです。サトヴィックなままです。目が赤くなり、怒りで光るかもしれません。言葉は厳しく、鋭く、人を傷つけるかもしれません。しかし、内面では、依然としてサットヴァ・グナで満たされています。それは決して変わりません。適切に調べ、識別する能力のある人にとって、スラサとのこの出来事は、今述べたことが真実であることを示しています。これはここで学ぶべき貴重な教訓です。

ハヌマーンが直面しなければならなかったもう一つの障害は、チャヤグラヒニ(影を飲み込む者)と呼ばれるシムヒカの形で現れました。空を飛ぶ生き物の影を見ると力を使って引きずり下ろし、食べ尽くして空腹を満たします。彼女はブラフマーからこの恩恵を得ていました。シムヒカは突然ハヌマーンを空から引きずり下ろしました。スグリーヴァはかつてハヌマーンにチャヤグラヒニ(影を飲み込む者)と呼ばれる怪物の存在について話していました。ハヌマーンはその説明を思い出し、敵はシムヒカに他ならないことを突き止めました。ハヌマーンはすぐに彼女を攻撃し、彼女の中に入って、命を断ち切りました。ハヌマーンはスピードを落とすことなく旅を続けました。

すべての天人はハヌマーンのこの驚くべき大胆な行為を見て驚きました。彼らはハヌマーンに多くの賞賛を浴びせました。彼らは称賛しました。「おお、偉大なるヴァーナラの英雄よ!あなたのような偉大な人は、決意、繊細な知覚、抜け目のない知性、並外れた勇気を持っており、どんな試みでも決して敗北することはありません。

ハヌマーンはランカーに到着しました。トリクータ山で、ランバと呼ばれる山頂に着陸しました。着陸はスムーズでも穏やかでもありませんでした。彼は力強く飛び降りました。彼は見晴らしのよい所から、下に広がるランカーの街をよく見ました。彼は街全体を鳥の目線で見ていました。まるで衛星から見ているかのようでした。

彼は自分のサイズを小さな猫のサイズにまで小さくしました。それぞれの状況に応じる形で、ハヌマーンは自分のサイズと形を変え続けて、海を渡るという偉大な偉業を成し遂げることに成功しました。子どもの頃、太陽を捕まえる目的で数え切れないほどのヨージャナを飛んだハヌマーンにとって、この海を渡るためにわずか百ヨージャナを飛ぶことが問題でしょうか。そうではありません。

かつてハヌマーンは太陽まで旅し、光速で旅しながら、スーリヤ(太陽神)を師として教育を受けました。太陽が時間の速度に従って動いている間、彼の戦車の車輪は雷のような轟音を立てていました。太陽神の七頭の馬とは、異なる色を持つ七種類の太陽の光線に他なりません。

ハヌマーンはランバ山の山頂に到着しても疲労を感じていませんでした。彼は街を注意深く観察しました。彼は戦士であり学者であり、また文法の専門家でもありました。ハヌマーンは街の人口と軍隊の強さを評価しました。彼は騎兵隊の規模、歩兵の数、そして戦争に使われる象の数を測定しました。海軍と空軍の強さを観察しました。悪魔たちは宇宙での戦闘を好みました。そのため、ハヌマーンは彼らの空軍の強さを評価しました。彼は戦争を予期していました。ラーマにランカーの防衛力の正確な見積りを伝えたかったのです。

私たちは、ランカーがパールヴァテ​​ィのために天界の建築家ヴィシュワカルマによって特別な目的で建てられたことを知りました。それは最大限の注意と愛情をもって設計されて建てられました。新築祝いの宗教儀式には、偉大なバラモンの学者であり、シヴァの熱心な信者であるラーヴァナが司祭の長として召集されました。しかし、ラーヴァナはこの美しい街を目にすると、嫉妬と貪欲に駆られました。彼は街を自分のものにしたくなりました。そして街そのものを謝礼として要求したのでした。

ハヌマーンは都市の隅々まで研究し、その秘密のすべてを知りました。

ヨーガの観点から見ると、ランカーの都市はアジュナー・チャクラの上に位置する月を越えたマノンマニーの領域を表しています。シーターがいたアショーカ・ヴァナはサハスラーラ・チャクラを表しています。母なるシーターは思慮深さの力を表しています。

ハヌマーンは都市を注意深く評価した後、征服するのは困難な仕事になるだろうと感じました。それは彼の母なる女神の個人的な設計であったため、都市は絶妙に美しく、頑丈に構築されていました。都市に侵入すること自体が非常に困難です。一度この街に入った者にとって、そこから抜け出すのも同様に困難だろうとハヌマーンは感じました。彼は、夜に街を捜索するのが最善の策だと決めました。昼間に街に入ろうとするのは賢明ではありません。彼はこっそりと街に入るのが最善策だと確信していました。

ヨーガのもう一つの秘密の必要条件もここで確立されています。ヨーガではスピードと素早さが不可欠​​ですが、霊性の探求者にとっては、思考の静けさ、落ち着き、平安も同様に重要です。ヨーガで完璧を達成したいと焦っている人は、まず最大限の忍耐と静けさを身につけるべきです。性急さや衝動的な行動は、ヨーギにとって最も不適切です。ハヌマーンの足跡をたどらなければなりません。ハヌマーンはヨーガのグルです。

ハヌマーンは自分の力とランカーの街の力を比較しました。両者とも互角でした。

彼の第一の懸念は、ランカーにいることをラーヴァナに気づかれずにシーターを見つける方法、シーターを見つけるというこの課題にどう取り組むかということでした。ラーマの使命を、問題や障害を招くことなく果たすための最善の戦略は何か、それが彼の第二の懸念でした。ハヌマーンは深く真剣に考えました。彼の思考プロセスは非常に体系的な計画に従っていました。第三の懸念は、シーターが一人でいるときにどうやって近づき、彼女とひそかに話すかでした。シーターは見知らぬ男性とは決してお話しにならない。ラーマ以外の男性とやりとりしない。それほど彼女は貞淑です。それでは、彼女は私とどうやって話されるのだろうか?これはまさに克服するのが難しい状況でした。

ハヌマーンは非常に信心深いです。彼は独身の誓い/ブラフマチャリアの信奉者でした。

さあ、風神の息子を讃えましょう。

バジャン: パヴァナ・ナンダナ・スンダラ

ハヌマーンもまた、使者としての自分の役割を慎重に考え、すべきこととすべきでないことを明確にしました。

詩句: ブーター・・・

意図した働きが満足のいく形で完了することもあります。しかし、同じ行動が未熟な使者や大使に割り当てられると、特に時間や場所の許容基準に反している場合は、対立を引き起こします。太陽が昇ると暗闇が消えるように、使命は破壊されます。使者が非効率的であれば、使命全体が失敗に終わることは間違いありません。

使者は完全に信頼でき、機転が利き、熟練していなければなりません。そうでなければ、大臣や王がどんなに注意深くメッセージを練り上げても、そのメッセージは目的を果たせません。無分別な使者は、よく考えられた行動計画を台無しにする可能性があります。自信過剰で、自分はすべてを知っていると思い込んでいる使者は、任務を台無しにする可能性があります。使者に外交力が欠けていると、言葉を歪曲し、関係を完全に破壊する可能性があります。

したがって、「仲介」を避けるのが最善です。「mediator 仲介者」は「idioter 愚か者」です。仲介者を利用しないのが最善です。仲介者は予期せぬ頭痛や心臓発作を引き起こし、「cardiator 心臓発作」を引き起こす可能性があります。

ハヌマーンは慎重に物事を考え、夜に非常に小さな姿をとって探索するのが最善のアプローチであるという結論に達しました。

月が昇りました。ハヌマーンの心はまた元気になりました。ランカーの境界に着きました。街は月明かりに照らされ、白いサリーをまとった美しい女性のように見えました。

しかし、最も鋭い耳を持つ街の護衛のランキニーが、ハヌマーンの存在を察知しました。彼女は大声で叫びました。「おい、お前は誰だ?そこで止まりなさい」。彼女はハヌマーンの進路を遮りました。

ハヌマーンは、この時点では身体的力よりも外交力を使うほうがよいと判断しました。彼は彼女に力で劣るわけではありません。力があるからといって、それを不適切な時に使うのは賢明ではありません。

ハヌマーンはランキニーにこう語りかけました。「ああ、美しい母よ、あなたは神のような美しさです」。彼女は実際には美しくはありませんでした。ハヌマーンはただ彼女を褒めただけでした。彼は、彼女が映画スターのように魅力的であると感じさせました。お世辞で彼女はかなり和らぎました。彼女に近づくほとんどの人は、彼女の醜い容姿と不快な態度のために彼女を嫌っていました。

ハヌマーンは言いました。「街をちょっと見て回ります。少し訪問するのに関心があるのです。」

ここで学ぶべき重要なことは、力があるからといって、考えなしではいけないということです。状況と相手に応じて、抜け目なさがより適切か、身体的な攻撃がより適切かを判断する必要があります。

ハヌマーンはランキニーにとても優しく、心地良く話しました。しかしランキニーは彼の要求に応じる様子はありませんでした。彼女は好戦的になりました。

詩句: ストリー・チェーティ

聖ヴァールミーキはこう述べています。ランキニーが掌でハヌマーンを殴ると、彼は激怒しました。ハヌマーンは左肘でランキニーの頭を殴りました。彼は女性を殺したくありませんでした。彼は適度な力で彼女を殴っただけです。しかし、それでもランキニーはよろめいて倒れました。彼女はすぐに、ずっと前にブラフマーが自分に言った言葉を思い出しました。

ブラフマーはランキニーに言いました。「ヴァーナラがランカーに来ると、ランカーは滅びる」。ランキニーはこの言葉をハヌマーンに繰り返しました。彼が自由に街に入ることを許可しました。彼女はこの出来事でランカーの街に仕える義務が終わったことを喜びました。彼女は街の護衛になるという呪いを受けていました。今や呪いが終わりました。彼女は天国、つまり自分の本当の住まいへと行きました。

彼女は去る前に、ナンディーシュワラ(シヴァの乗り物)は「ランカーの街は完全に破壊される」という呪いをかけたとハヌマーンに伝えました。かつて、ラーヴァナはナンディーシュワラを侮辱し、嘲笑して呪いを招いたのでした。

この文脈で、トゥラシーダースは『ラーマチャリタ・マナス』の中で、サットサンガ(聖なる人々との交わり)の有効性について述べています。

神聖な魂であるハヌマーンのダルシャンに大喜びしたランキニーは、全世界の喜びは聖なる魂との交わりによって与えられる至福に匹敵しないと宣言しました。ハヌマーンのダルシャンによって、ランキニーは自分が天界人であるという真のアイデンティティを取り戻しました。彼女はハヌマーンがランカーに入ったことで起こった「解放」に非常に感謝しました。

私たちが今ここで享受しているサットサンガは、世界が私たちに授けることができるすべての贈り物をはるかに超えたものです。

バジャン:アーンジャネーヤ・アーンジャネーヤ・バクティ・ゲーヤ

これで今日の講話を終わります。 シュリー・グル・ダッタ

PAGE TOP