音楽×ヨガ

音楽×ヨガ

ナーダとヨガ

スリ・スワミジはミュージックセラピーはヨガ的なプロセスであると述べています。それは単なる音楽の演奏やコンサートではありません。
ミュージックセラピーの複雑な理解のためにはナーダ(音楽・音)とヨガの関係性についての知識が必要になります。私たちは人間の体の構造と構成、チャクラ(形而上的なエネルギーセンター)とナーディ(形而上的な神経系)、神経系のシステム、内分秘腺、またそれぞれの部位における音楽的な音の影響について理解する必要があります。

インド哲学において、多くのヨガの伝統が存在します。それぞれの体系やアプローチ方法、修練の仕方などは違いますが、最終ゴールと目的地はすべて本質的に同じです。それは個我とパラマートマンの融合です。ヨガの言葉は、サンスクリットの言葉の’Yuj’という言葉から派生しています。その言葉は結びつける、またはつなぎとめるという意味があります。それは肉体とマインドを、またマインドとアートマンを整列させることを意味します。そして落ち着いて喜びに満ちた人生を導きます。偉大な聖者であったパタンジャリによると、すべてのヨガの体系の最終目的は自由です。無知の束縛と生と死のサイクルからの自由です。音楽が、あらゆるタイプのヨガにおいて、そのゴールを目指すための有益なアジュバント(補助剤)として働くことは全く疑いの余地はありません。

ナーディとチャクラ

すべての生命体において、プラーナのエネルギーまたは生命エネルギーはナーディを通して流れます。人間には72,000もの主要なナーディと、またいくつかの関係するナーディが存在します。72,000のナーディの中で、名前がついている14の重要なナーディがあります。さらにその中で重要なナーディが3つあります。それらはイダ(月)、ピンガラ(太陽)とスシュムナ(ブラフマン)ナーディです。ピンガラとイダのナディは左右の鼻孔からスタートし、おのおのが頭のてっぺんに到達し、脊髄の先端へと通過し、一対の蛇のようにお互いに交差しながら、チャクラやパドマ(ロータス)と言及されるセンターを通っていきます。

チャクラとは「円」や「車輪」を意味します。それらのチャクラは微細なエネルギーセンターを意味します。ナーディとチャクラはスキャンしてもX線でも映し出されることはありません。これらのチャクラの主要な役割は肉体機能の統制です。それらは単なる車輪ではなく、エネルギーの流れの織物であり、渦巻きのようなものです。チャクラは宇宙からエネルギーを獲得し、肉体全体を生命感のあるものにします。チャクラは霊的な達成または哲学的知識の異なるレベルに相互に関連しています。

PAGE TOP